気になっちゃうまとめ

最新のまとめ情報サイト

Uncategorized

手越祐也が福岡金塊盗難事件の小松崎太郎容疑者と写真に納まる謎 その真相とは?


▼福岡金塊盗難 十数人を逮捕へ 被害額6億→7・5億円だった

福岡市博多区のJR博多駅近くで昨年7月、警察官を装った男らに大量の金塊(約160キロ)が盗まれた事件で、福岡県警と愛知県警は22日、窃盗容疑などで会社役員野口和樹容疑者(42)=名古屋市=ら27〜70歳の男6人を逮捕した。

約6億円相当とみられていた被害額は約7億5000万円相当だったことが新たに分かった。野口容疑者が主犯格とみられ犯行を計画したとみて、経緯を調べている。

▼福岡金塊盗難事件の詳細

去年7月、福岡市博多区の博多駅前のビルの入り口付近で、貴金属取引会社の男性らがおよそ6億円分の金塊を貴金属店に売却するためアタッシェケースに入れて運んでいたところ、警察官を装う複数の男らのグループにアタッシェケースごと盗まれました。

男らは警察官のような上着を着て「密輸品だろう」などと声をかけ、男性たちからアタッシェケースを受け取ると車に積み込んで逃げた

▼主犯格の野口和樹容疑者は名古屋市を拠点に活動する「半グレ」と呼ばれる不良集団のリーダー格だった

福岡の金塊窃盗事件で福岡、愛知両県警に逮捕された野口和樹容疑者(42)は、事件の中心的な役割を担っていたとみられている。昨年7月の事件以降、東京都内などで高級車を乗り回していたという。

関係者によると、野口容疑者は名古屋市を拠点に活動する「半グレ」と呼ばれる不良集団のリーダー格といい、暴力団との関わりも取りざたされていた。

事件後、野口容疑者について「高級な外車を購入して豪遊している」といったうわさが飛び交った。関係者は「福岡で金塊ビジネスが盛んなことは半グレ集団の間でも広まっていた。彼も知っていたのではないか」と推察した。

逮捕者と指名手配の名前と年齢

【窃盗容疑】

野口容疑者は名古屋市を拠点に活動する「半グレ」と呼ばれる不良集団のリーダー格で、暴力団とのつながりもあった。

兄直樹と共に窃盗を繰り返し、警察の取り調べ中に逃げ出した事もある。

主犯格。

◆沓掛祐介容疑者(くつかけゆうすけ)(38歳):名古屋市東区矢田南3、自称会社役員

◆白根敬大容疑者(27歳):名古屋市港区高木町5、自称会社社長

◆白石智則容疑者(34歳):名古屋市北区上飯田西町2

◆内田拓海容疑者(24歳):名古屋市中区栄、自称会社員

【盗品等処分あっせん容疑】

指名手配の3人

-Uncategorized