気になっちゃうまとめ

最新のまとめ情報サイト

Uncategorized

虐待疑惑に顔面麻痺・・アンジェリーナ・ジョリーが荒れてた


◆子供たちとディズニーを楽しんでるアンジーだけど・・

9歳を迎えたヴィヴィアンとノックスの誕生日を祝うため、アンジェリーナ・ジョリーと6人の子供たちがロサンゼルスのディズニーランドで楽しむ様子が目撃されている

カジュアルな服装でディズニーランドを訪れたアンジェリーナは、空中ブランコに乗るなど、子供たちと一緒に大はしゃぎ。

▼父親のブラピの姿はなし

子供たちもアンジェリーナも楽しそうで、ディズニーランドを満喫しているのが見て取れるが、残念ながら、父親のブラッド・ピットは今回も不在だ。

▼子供たちは順調に成長してるみたい

子供たちはかなり大きくなってきているようで、思春期にも入る頃合ですが、母親のアンジェリーナ・ジョリーとはいい関係が保たれている様子。

「とても辛い時期が続いて、ようやく立ち直り始めているところよ」とアンジェリーナ・ジョリーは語っている。

◆アンジーが撮影現場で子供を虐待??

ネットフリックスで9月から世界同時配信される映画、「最初に父が殺された」の撮影に際し、子役に精神的ダメージがあったのでは?といわれている。

アンジェリーナ・ジョリーは、カンボジアを舞台とした彼女の新作映画『First They Killed My Father(原題)』の制作過程で行われたオーディションのやり方について、多くの人々が搾取的と感じて批判したことに動揺している。

▼子供たちの精神を虐待してるとの批判

いわゆる圧迫面接的な揺さぶりがあったのでは?との疑惑が持ち上がり、炎上している。

カンボジアの児童養護施設やサーカス、スラム街にある学校などで主役のルオン・ウン役を演じる子どもを探した過程が書かれ、それを巡ってアンジェリーナは非難を受けていた。

ジョリーは孤児院やサーカス、スラム学校などを視察し、特に辛い経験をしている子供を中心に役者を探していたという。

悲劇を再び生きることを強いられるこの撮影では、トラウマに陥ったり、悪夢を見たりする人もいた。そのため、現場にはセラピストも配置したとジョリーは記事の中で語っている。

▼オーディションは孤児院やスラム街からの子供たち

撮影スタッフたちが選んでいたのは現地の恵まれない子供たち・・・

子供たちの前に現金を置いて「何のためにお金が必要か?」と尋ね、最後に現金を引っ込めて反応を引き出そうとしたという。

その子からお金を取り上げ、後からジョリーがその子を追いかけていってもう一度語りかけて、反応を見る。

主役を獲得した少女は、「誰よりも長いことお金を見つめていたこと」、「取り上げられた時に泣いたこと」、そのお金で何をしたかったのかと聞かれると「死んだおじいちゃんにお葬式をしてあげられるお金がなかった」と答えたことから、選ばれた。

お金に絡んだこのゲームのようなオーディションで少女は泣き出してしまったという。

◆子供たちが傷ついてるとの批判があがる

このオーディションの手法は子供に対する精神的な虐待にあたり、残酷だという批判が持ち上がった。

「貧しい子供たち相手にこんな残酷な心理ゲームをするなんて」とバッシングを受けているのである。

-Uncategorized